キッチンカー営業を成功させる仕込みのコツ

仕込み場所についてはさまざまな選択があります。自宅やレンタルキッチン、固定店舗などの一定基準を満たした厨房スペースを使える場合はスムーズですが、経費の都合上むずかしいなら他の方法も考えましょう。

たとえば、キッチンカーの同業者仲間がいるのなら、厨房をシェアして使ってみる。また、飲食店を経営している知り合いがいるなら、営業時間外のレンタル契約で厨房スペースを確保するのもリスクが少ないでしょう。クレープ、たこ焼き、コーヒーなどのように、キッチンカーの車内で全ての調理を済ませてしまえる商品の場合、仕込み用の場所が必要ありませんので、仕込み場所の確保に困っているオーナーには向いているかもしれません。